高槻眼科(大阪)のレーシックはどう?特徴とメリット
高槻眼科

大阪レーシック管理人医療の現場は、日々進化している中レーシック治療もどんどん進化しています。高槻眼科(大阪)では、フェムトレーシックという医師にも患者にも高い支持を得ているレーシック治療を受ける事ができます。

幼いころから医学の道に進みたいと志の高い院長をはじめ、高い技術を持つ経験豊富な医師が在籍しているので安心して手術が受けられます。

エキシマレーザーによる2種類の近視矯正

近視矯正をしたい人は、沢山いますが、高槻眼科では、主に2種類の近視矯正の対する矯正手術が行えます。

現在は、手軽に行える手術の一つですが、個人の目の状態によっても、視力回復率や起こりうる合併症などのが違うのでそこらへんも詳しく説明してくれます。

どちらの手術も簡単で安全性は、確かですので、手軽に行う人も増えていますが、事前にしっかりとした検査をしないで行った結果、のちに後遺症になってしまう人も残念ながらいます。

そして、それぞれ術後に起こる様々な状態が違います。それを防ぐためにも事前に、しっかりと疑問点などを解決して患者様の十分な理解と納得を得られてから手術を行うというのが、高槻眼科の方針です。

そのため、高槻眼科では手術の方法や疑問点、そして不安な点などを一つ一つ相談して解決してからの手術をお勧めしています。それぞれの目の角膜の状態や、ライフスタイルに合わせて医師と相談の上でご自分の近視矯正の方法を決めていくと安心ですね。

角膜が薄い方、格闘家におすすめなPRK

レーシックは、全ての人が受けられる手術ではありません。残念ながら適応外の方もみえます。

基本的にレーシックを受ける際には、目の角膜にフラップという蓋を作りその蓋を開けた部分にレーザーを照射して視力の回復を図ります。

しかし、角膜が薄いことでこの手術を受けられない場合は、こちらのPRK方式を勧められます。

PRK方式は、直接レーザーで角膜上皮を削ります。その削られた角膜上皮は、約1週間ほどで再生するので角膜が薄い人でも手術を受ける事が可能です。

また激しい動き、格闘技などをされる方も、レーシックよりPRKをお勧めされることが多いです。

レーシックでフラップを作ると激しい動きをした時に、フラップがずれたり剥がれたりするリスクがあるからです。

ただし下記のようなデメリットもあります。

術後の痛みがレーシックよりも強い事
視力の安定まで1週間ほど目に治療用ソフトコンタクトをのせて過ごすため不便
時間がかかること

新しいフェムトレーシックの特徴

大阪レーシック管理人先ほどの、角膜が薄い、仕事上激しい動きをする、例えば格闘技などの方以外は、大体新しいレーシック術である、フェムトレーシックの方をお勧めされることが多いです。

通常のレーシックは、電動カンナの様な器具で目の角膜にフラップという蓋を作りその蓋を開けてそこにレーザーを照射したのちに、もう一度フラップを元に戻して終了というもです。

新しく導入されたフェムトレーシックは、電動カンナは使わずに最先端のレーザーであるエキシマレーザーでフラップを作ります。

このエキシマレーザーが熱を発生させずにフラップを作ることが出来るので、従来のレーシックのフラップを作る過程に比べて角膜以外の組織に影響を与え辛くその結果合併症の確率が下がる安全性が確立されています。

また、コンピューター制御が可能なため、細かい角膜の角度など術前検査で行ったものを元に正確なフラップを作成する事が可能なのです。

また高槻眼科では、世界最高峰ドイツカールツァイス社のファムとセカンドレーザーも新たに導入しています。

こちらは、均一で正確な厚みのフラップを高速で実現できるレーザーです。

クリニックデータ

住所 大阪府泉南郡熊取町大久保中2-26-18
アクセス ・JR阪和線 熊取駅から徒歩3分
受付時間 月~土 午前9:00~12:00/15:00~16:30(※水・土の午後は休診)
休診日 日曜、水曜と土曜の午後

高槻眼科(大阪)の公式サイト