坪井眼科(大阪)のレーシックの特徴は?
坪井眼科

アイレーシックで歪みをオーダーメイド矯正

大阪レーシック管理人坪井眼科(大阪)のアイデザインアイレーシックは、一人ひとりに最適なカスタムメイドの手術をすることができます。

眼や角膜の歪みは人によってそれぞれ違います。その歪みをオーダーメイドによって矯正することができれば、その人にあった「見え方」を実現することができます。

それができるのが、アイデザインアイレーシックです。

アイデザイン・アイレーシックの手術手順
視力検査
歪みを解析
データを基にレーザー照射

視力検査結果を踏まえて、目の歪みを細かく解析します。その緻密に解析されたデータを基にレーザー照射をすることにより、その人に合った最適の「見え方」を可能にしています。

メガネやコンタクトレンズには高次収差の影響で焦点のズレがおこります。収差とは、光の線が集まる位置、つまり焦点がズレることを言います。

そして、高次収差とは、メガネやコンタクトレンズで矯正できないほどの微細な角膜の歪みのことをいいます。

アイデザインアイレーシックでは、このメガネやコンタクトでは矯正できない高次収差を矯正することが可能です。

このわずかな歪みを矯正することで、一人ひとりに合った最適な「見え方」を可能にしています。これが、このアイデザイン・アイレーシックのこだわりです。
 

 

強度の近視、角膜の薄い人、格闘技をする人には「レーゼック」

レーシックの手術をするとき「フラップ」と呼ばれる、円形状のふたを必ず作ります。ですがレーゼックはアイレーシックと異なります。それは、このフラップを作成することなく、角膜上皮のみを剥がすことです。

では、どうやって角膜上皮を剥がすのでしょうか。それは、アルコールです。

レーゼックでは、アルコールにより角膜上皮を剥がします。上皮が再生するまで約1週間ほど目の痛みやかすみがありますが、安定すると他のレーシックと違いはありません。

レーゼックは、角膜強度を保つことができるためこのような人に向いています。

レーゼックに向いている人
強度の近視
角膜が薄い人
格闘技をする人
レーゼックのデメリット
上皮が再生するまでに、数日~1週間程度かかる
上皮が再生するまでは、目の痛みやかすみが続く

レーゼックは、角膜上皮を剥がすため、それが再生するまでは痛みやかすみが続きますが、安定すると他のレーシックと変わらない見え方になります。
 

坪井眼科のレーシック・ICL費用

施術名 料金
適応検査 5,500円
レーシック 330,000円
ICL 乱視なし 740,000円
ICL 乱視あり 840,000円
(※両眼、税込み価格)

 

レーシックは日帰り手術が可能!日帰り手術のメリットは?

坪井眼科(大阪)でのレーシックの手術は、品川近視クリニック大阪院と同じく日帰り手術ができます。「通院が面倒なので入院したい」と思う人もいるでしょう。

ですが日帰り手術にはいくつかメリットがあります。では日帰り手術のメリットを紹介していきましょう。

日帰り手術のメリット

その1 社会復帰に時間がかかりません


その2 耐性菌感染がほとんどおこりません


手術でいちばん恐い合併症は、感染です。感染には、抗生物質が有効とされていますが、抗生物質が効かない「耐性菌」感染は手の施しようがないのです。

耐性菌は、重症患者をかかえる病院に存在します。ですから、日帰り手術専門施設の場合その不安が少なく安全だと考えられます。

その3 高齢患者さんにもやさしい


高齢者の入院には、認知症発症、転倒事故などがよく見られます。これは、生活環境の変化が原因のひとつです。

日帰り入院の場合は、日頃の生活環境を変えることなく手術ができるのでこの影響が少ないです。ですから、高齢者の患者さんへの負担も少ないのです。

その4 医療費の節約


日帰り入院は、入院に比べ医療費を節約できます。
 

坪井眼科のクリニックデータ

坪井眼科の外観

坪井眼科の住所

大阪市西区北堀江1-3-2 Being四ツ橋ビル3F

坪井眼科のへアクセス

・地下鉄四ツ橋線四ツ橋駅6番出口からすぐ
・地下鉄御堂筋線 心斎橋駅8番出口西へ徒歩8分
・地下鉄長堀鶴見緑地線 西大橋駅4番出口から徒歩10分

診察時間

月~金 9:00~12:00、13:30~16:30

休診日

土曜・日曜・祝日

公式サイト

http://www.tsuboi-eye.co.jp/

坪井眼科の地図・場所