キャッシングで主婦が即日借入できる4つの条件!

主婦をしていると急な出費でお金が必要なこともありますよね。そんなときはキャッシングが便利ですが、4つの条件をクリアすれば主婦でも即日借入も可能です。

今回は主婦のキャッシング条件に特化して解説します。

主婦がキャッシングできる条件とは

キャッシングを利用するには、本人自身に定期的な収入があることが条件になります。専業主婦のように収入のない人は原則的に利用することはできませんが、以下の4つの条件を満たすことで即日キャッシングが利用できる場合があります。

定期的な収入のある配偶者の存在


返済の為の収入がなければ当然キャッシングは利用できません。この収入がある配偶者(主婦の場合は夫)がいることが第一の条件になります。

配偶者の収入は給与所得であることが望ましいと言えますが、自営業の場合でも利用できないこともありません。

ただし、配偶者の収入証明書の提出を求められる場合があるので、即日借入の為にはそれを役所などから先に入手しておかないといけません。配偶者が給与所得者の場合、この収入証明書は特に必要にはならないことがほとんどです。

配偶者の承諾


これは必要のないことも多いですが、中には配偶者の同意書を提出しないと契約できないというケースがあります。同意書が必要となると、必然的に配偶者にキャッシングの利用がバレてしまいます。夫には内緒で契約したい場合にはこれが必要のないキャッシング会社を選択することが大切です。

内、このように配偶者の収入を元に契約を行うことを配偶者貸付と言います。この制度では例外的に本人には収入がなくてもキャッシングの契約が行えます。

婚姻関係の証明


専業主婦が即日借入を行うには、定期的な収入のある配偶者と確かに婚姻関稀にあるという証明が必要になります。これも場合によっては必要にならないこともありますが、同意書より求められることが多いので、申込みの前に役所で住民票をとっておきましょう。

住民票以外には戸籍謄本(全部事項証明)や戸籍抄本でもこの証明になりますが、住民票が比較的入手しやすいと思うので、これを利用するのがおすすめです。

30万円までの契約


自身には収入のない主婦がキャッシングを利用する場合、多くても30万円以上は借りられないと思っておいてください。キャッシング会社や条件によっては50万円まで貸してくれることもありますが、ほとんどのケースでは30万円までになります。

これは配偶者の収入が多い場合でも同様で、いくら収入があってもその中から主婦側がどれだけ自由に使えるかとは別問題だからです。

返済は確実に行ってください

いくら返済の元となる収入源は夫だとしても、契約を行うのは主婦本人です。よって、返済も主婦側が責任をもって行ってください。

もし返済が滞るようなことがあると、自宅に催促の電話があったり、その旨の封書が届く可能性があります。これでは折角夫に内緒で契約をしたとしてもそれによってバレてしまうことが考えられます。

主婦キャッシングまとめ

主婦が即日キャッシングを行うには配偶者貸付を利用することになりますが、その為には少なくとも住民票が必要になることが多いです。これは役所に行けばその場で発行してもらえるので、申込みの前に用意しておきましょう。また、借りることができるのは30万円が目安になると考えてください。