キャッシングに収入証明書は必ず必要?【最初に確認】

消費者金融の場合

審査連絡を受ける女性キャッシング審査には、収入証明が必要な場合とそうでない場合があります。金額にもよりけりですが、消費者金融と銀行系カードローンとでも異なってきます。

まず、消費者金融の場合には、貸金業法の適用を受けますので50万円を超える借入、および他社借入合計総額が100万円を超える借入の場合には収入証明書の提出が必要となります。

ただし、これ以下の金額の場合でもキャッシング業者の判断によっては提出を求められることもありますが、10万円以下の少額融資ならほぼ必要ないでしょう。

銀行系カードローンの場合

これに対して、銀行系カードローンの場合には、貸金業法の適用を受けませんので自社の独自審査判断となります。

最近では、これを売りにしている銀行系カードローンが多く、100万円まで、あるいは300万円までは収入証明書不要と各社競ってサービスとして提供しています。

以前の銀行ですと、収入証明書の提出は必須でした。ところが、収入証明書を取ることで会社に借金を疑われることを嫌う利用者が多かったため、こうした中で、個人融資に力を入れだした銀行がなるべく収入証明書が不要で済むように審査方法を見直したようです。

基本的には、他社で借入がないケースでは、消費者金融では50万円までは不要で、銀行の場合には一定の条件のもと各社の定め他金額までは不要となります。