SMBCモビットとは?※社名変更に対しての考察、注意点など

モビットが2017年の12月から「SMBCモビット」と社名を変更しましたね。

イメージカラーがこれまでとは違って緑になった点以外は、単に社名変更が行われただけなので今までの契約者には特に変わりはないので安心してください。

今回はSMBCモビットの社名変更による影響やプロミスとの関係などを考察してみたいと思います。

三井住友グループなのを強調したと言えるでしょう

SMBCモビットはプロミスの名称でお馴染みの「SMBCコンシューマーファイナンス」(プロミスの正式な社名です)の連結子会社で、2社共に三井住友グループに属する消費者金融です。

元々は三菱UFJグループの企業でしたが、ちょうどアコムが三菱UFJグループに入るタイミングで三井住友グループの方に転属された形で現在に至ります。

その三菱UFJグループの一員として誕生した頃から同グループのイメージカラーである赤をモビットでも使用していましたが、この度の社名変更に伴って三井住友グループのイメージカラーである緑にしたことは、赤という色から未だに三菱UFJグループだと思われてしまうのを払拭する狙いがあったものと推測されます。

SMBCモビット

 

“SMBC”を冠した理由とは?

“プロミス”はあくまで同社のキャッシングサービスのブランド名で、社名としては「SMBCコンシューマーファイナンス」と言うように、モビットもこの”SMBC”を冠したことで、三井住友グループというだけでなく、プロミスとの繋がりも一般に知って欲しいという意味があると思われます。

これまでは赤のイメージカラーで”モビット”という名前から、キャッシングを利用したことがない人では三井住友グループの消費者金融でプロミスの子会社だと分かる人は居なかったでしょう。

それが、”SMBCモビット”という名称になり、緑をイメージカラーとしたことで、それが分かりやすくなったのは間違いありません。
 

プロミスはそのままなのは何故?

プロミスは三井住友グループに入る前の同名の社名だった時代からイメージカラーが青で、こちらは未だにそのままです。

このプロミスの方も同時に緑のイメージカラーに変更しても良さそうなものですが、実はそのような案もあったそうですが、昔からプロミス=青の看板というイメージが既に定着していることもあって、今回は見送られたと聞いています。

確かに消費者金融業界を昔から知っている人から見ると、青でないとプロミスというイメージがないかも知れません。

このようなイメージカラーは思ったより大切で、あのレイクが未だに緑なのは、現在のような新生銀行のカードローンになる前の同名の消費者金融だった時代から、レイク=緑というイメージが定着しているからに他なりません。ちなみに新生銀行のイメージカラーは青に近い水色です。
 

条件は変わりません

社名変更やイメージカラーの変更こそありましたが、金利などの条件はこれまでと全く一緒で何も変更はありません。もちろん今までの利用者に対しても何も変わるところはないので、これまで通りに利用してください。

尚、キャッシングカードの色もこの12月から緑色になりました。もちろんそれまでの赤のカードもそのまま利用できるのでご安心ください。
 

SMBCモビット社名変更 まとめ

いかがでしたでしょうか?モビットはこの社名変更によって、これまでより三井住友グループだということを強調した形です。

プロミスは昔からのイメージの為、まだイメージカラーの変更はありませんが、将来的には緑のプロミスの看板が見られる日が来る?かも知れません。