モビットはいくらからいくらまで借りれる?期待は厳禁?!

モビットで初めてならいくらまで借りれる?

モビットで審査に合格すると限度額の連絡がありますが、いくらまで借りられるかは初めての利用なら多くても50万円までだと考えておいてください。

これはモビットだけに限りませんが、よほど年収が多く、信用情報にも全く問題がない場合を除いて、消費者金融の初回の利用時は50万円が1つの目安になります。いきなり限度額が総量規制の上限近くとなることはまずなく、利用を続けていくうちにそこから増額されていきます。

モビットの最低借入額はいくらから?

モビットの最低の限度額は10万円です。よって、例え1万円だけの希望で申込みを行っても、審査は10万円として行われます。そこまで枠が必要ではない場合は、まず10万円の限度額で契約をした後に必要な分だけを借りることになります。

モビットで1万円だけキャッシングしたい場合も審査は10万円で

 

最高で借りられる金額は?

モビットの最高融資金額は800万円となっていますが、前述の理由により、この金額を借りることができる場合はかなり限られると思ってください。

更に消費者金融には総量規制が適用される為、年収が300万円なら最高でも100万円までになり、年収が600万円なら200万円までです。しかし、上限額まで借りるにはそれなりの利用実績が必要だということです。

高額の借り入れには収入証明書が必要です

貸金業法により、モビットに50万円を超える希望で申込みを行う場合と、既に利用している他社と合計して100万円を超える希望になる場合には収入証明書が必要になります。これには源泉徴収票や税額の通知書、課税証明書などが利用できます。

他社の利用がなく、モビットに初めて申込みを行う場合は50万円の希望であれば特に必要になりません。

三井住友銀行のATMを利用しましょう

モビットには一切自社のATMがない為、キャッシングカードを利用した借り入れには必ず提携先のATMを利用することになります。

▼モビットの主な提携先ATM
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
イオン銀行
プロミスATM
各種のコンビニのATM
他多数の地方銀行や信用金庫のATM

これらが利用できるのでカード利用に困ることはありませんが、三井住友銀行以外のATMでは利用手数料がかかります。

実際の手数料はいくらを利用するかによって変わり、1万円までの利用には108円、それを超えると216円です。また、この手数料が発生する場合、返済時にも同様に金額によってかかります。三井住友銀行のATMを利用するに越したことはありません。

三井住友銀行のATM以外では利用手数料がかかる!

 

まとめ

モビットからは最低10万円、最高800万円まで借りることができますが、実際に初回の場合にいくらまで借りられるかは総量規制の範囲内かつ、多くても50万円までだと考えておきましょう。

1万円だけを借りたい場合でも10万円の契約になりますが、その枠の中から必要な分だけを借りてください。