新生銀行レイクが新規融資停止!実際はどうなってるの?

新生銀行レイクが新規の融資を停止すると発表しましたね?カードローンバッシングが続いた影響もあると思いますが、新生銀行グループとして新たなカードローンの提供を始めるようですし、前向きな決断とも受け取れるかもしれません。

今回は、新生銀行レイクの実際のところを詳しく紹介していきます。

イメージが悪かった?

この”レイク”と聞けば、銀行カードローンではなく、消費者金融だと思う人も未だに多いでしょう。それもそのはず、レイクは元はその名前の大手消費者金融でしたが、過払い金請求の波にのまれて破綻してしまい、新生銀行に貸金業務全般が移管されて現在のような形態になったのです。

この新生銀行レイクはテレビCMでも有名ですが、実はそれほど利用者が増えておらず、事業として伸び悩んでいました。

有名な銀行カードローンと言えば、メガバンクの三井住友銀行や三井住友銀行が提供しているカードローンですが、レイクも知名度ではそれらに決して劣っていません。ですが、消費者金融のイメージがどうしても払拭できず、利用者数でそれらに大きく水を開けられていたのです。

新生銀行レイクは未だに消費者金融というイメージがあった!

 

新規融資はいつ停止されるのか?

悩むキャッシング利用者

現在の新生銀行のカードローンとしてのレイクは2018年3月いっぱいで新規の契約ができなくなります。そして、4月からは新生銀行グループの新生フィナンシャルから新たなカードローンが提供されることになりました。
 

新生フィナンシャルとは?

新生フィナンシャルは新生銀行の子会社に当たる消費者金融で、以前は消費者金融として普通に利用できましたが、現在では新規の受付は行っていません。

この新生フィナンシャルから新たなカードローンが発表されて、新規の契約を再開させると共に、現在の契約者も同時にそのカードローンに切り換わるようです。
 

今までの契約者はそのまま利用できる!

現在レイクと契約を行っている人は、2018年4月以降もそのまま銀行カードローンとしてレイクを利用し続けることができます。現在の新生フィナンシャルの営業状態と同様に、新規の契約だけが行えなくなるということです。
 

新生銀行レイクのメリットは継続されるの?

新生銀行レイクを利用するメリットとして、ATM手数料が一切無料という点がありますが、このメリットは新生フィナンシャルが提供する新しいカードローンにもそのまま引き継がれると見られています。

ただ、レイクの売りの1つである180日間の無利息サービスが継続されるかまでは分かっていません。

新生フィナンシャルは消費者金融なので、新しいカードローンは消費者金融から提供されることになります。この点はレイクは、銀行カードローンに対してのイメージも昨今の問題点が指摘されたことで悪くなってきたことから、むしろプラスの方向に考えている思われます。

新生フィナンシャルでは完全に消費者金融になる

 

まとめ

いかがでしたか?新生銀行レイクはその知名度ほど利用者が増えていなかったは、どうしても消費者金融のイメージが拭えなかった為でした。

更に銀行カードローン自体のイメージも悪くなったことで、いっそ消費者金融として再スタートしようと、このような決断に至ったと理解していいでしょう。

以上、是非参考にしてくださいね。