公務員はキャッシング前に注意!秘密厳守で借りたい方

公務員の方でも急な出費でキャッシングしたくなることがあると思います。基本的に公務員はキャッシングの審査に通りやすいのですが、いくつか注意点もありますので、今回は公務員のキャッシングについて詳しく紹介します。

公務員は審査に有利です

キャッシングの世界において、公務員は「神様」だと言われるほど優遇される職業です。その理由は、職場の倒産や解雇されてしまう可能性が無く、世間の景気にも左右されず一定の収入が約束されているからに他なりません。

その為、公務員の人は総量規制に引っ掛かってしまう場合や、よほど信用情報が悪いような場合を除いてまず審査で落とされてしまうことはないでしょう。

更に、本来は難しい高額の借り入れも他の職業より行える可能性が高いですし、これ以上キャッシングの利用に向いている職業もありません。

職場バレしない申込み方法とは?

しかし、公務員という堅い職業柄、職場にキャッシングの利用が発覚してしまうと本人にとって大きなマイマスになってしまいます。

そこで、キャッシング会社も契約前に公務員だと分かると、わざわざ在籍確認の電話を掛けるようなことはせず、職場の身分証明書と給与明細票、組合保険証の提出で在籍の証明としてくれることがほとんどです。

これは他の職業ではあまり考えられないことで、公務員だけ特権だと表現してもいいでしょう。キャッシング会社も公務員には是非利用してもらたいので、特例とも言える対応をしてもらえるのです。

よって、公務員の人は運転免許証などの本人確認書類に加えて、上記の身分証明書と直近の給与明細書、組合保険証を用意してから申込みを行ってください。これで職場にキャッシングの申込みがバレることはまずないと言っていいでしょう。

※準備する書類
運転免許証またはパスポート、健康保険証
職場の身分証明書
直近の給与明細書
組合保険証

 

返済だけには注意してください

公務員は契約の段階でそのような特別な対応をしてもらえる為、普通に利用していればまずキャッシングの利用が職場にバレてしまうことはありません。ただし、返済だけはきちんと行うことが大切になります。

さすがに相手が信用のある公務員だとしても、返済を遅らせるような人に対してはその限りではありません。

キャッシングの返済を遅延したことで直接職場に連絡をすることは職業を問わず貸金業法で禁止されているので、その心配こそありませんが、日中の勤務時間内でも本人の携帯電話まで掛かってくることは覚悟してください。

長期間返済を行わないと…

返済の遅延によって本人宛の電話が多くなると、職場でも何かおかしいと思われてしまうかも知れません。

また、自宅まで連絡をしたり、催促状を送ったり、場合によっては訪問するという行為は特に禁止されていないので、長期に渡る延滞をしてしまうとそのようなことが行われる可能性もあります。そうなると職場にバレる可能性があるので注意してください。

もしどうしても返済日に支払いを行えなかった場合でも、なるべく早く返済することが大切です。これだけは公務員であろうと何ら変わりません。

公務員キャッシングまとめ

いかがでしたか?公務員はキャッシングでまず審査で落とされることはありません。ただし、きちんと書類を用意してから申込みを行わないと、在籍確認の電話によって職場バレの可能性もあるので注意してください。

また、返済だけはきちんと行うこと。これを行わないと公務員であろうと関係なく催促の連絡があります。さすがに返済の遅延をした時まで優遇されません。

以上、参考にしてください。