キャッシング同時申し込みの注意点【バレずに借りれる?】

同時に複数のキャッシング審査に申込むのはダメ?

キャッシングを利用したいと考えた時に申し込みをすると、必ず審査をされます。収入や借入希望額などの情報を基に融資可能かを判断するわけです。この時に審査に通過できないかもしれないと不安に思って複数同時に申し込むのは危険です。

実はキャッシングの申し込みをした時に信用情報というものを参照して確認するのですが、この情報にはキャッシングの申し込み履歴も残ります。情報を確認するタイミング次第になりますが、キャッシングを同時に申し込んだ事はバレます。

借入を同時に申し込むという事は相当金銭的に問題がある人では?と見られてしまうおそれがあります。つまり業者からすると、返済能力がない人に見えてしまうわけです。

要するに複数のキャッシングに同時に申し込むと、審査で落ちる可能性が飛躍的に高まります。

大抵のキャッシングではアルバイトやパートでも定期的な収入があればほとんどの場合融資可能です。不安に思って複数申し込む方がかえって融資を受けられなくなるという点を覚えておきましょう。

同時申込みするなら自己責任で・・・

また同時でなくても、短期間で複数の業者に申し込む事もあまりよくありません。

明確にどの程度時間を開ければ良いという基準はありませんが、1~2ヶ月の間に何社も申し込むような行為は不信感を抱かせるので避けた方が無難でしょう。

高額の借り入れが必要なのであれば複数の審査を行なうのではなく、たとえばマイカーローンや住宅ローンといったような目的別ローン(総量規制対象外となるローン契約)で代用するか、もしくは一気に申請をするのではなく、必要に応じて審査のタイミングをずらして審査を行なうことが得策です。

ただし必ずしも審査が否決されるというわけではないため、総量規制の問題等をクリアできるのであれば、リスク覚悟で審査に出してみるのもさしつかえはないでしょう。