土日の即日キャッシングで注意すべき2つのポイント!

土日キャッシングは平日との区別はない?

消費者金融各社では、休日と平日の区別というもの自体がありません。土日でも平日同様に営業を行っており、営業時間も平日と一緒です。

しかし、土日は銀行が営業していないので、原則的に現金でキャッシングを行うことになります。申込みは平日と同様にネットや電話、自動契約機から行って、審査に合格した後に自動契約機を利用してキャッシングカードの発行を行うことになります。

即日キャッシングの為にはできるだけ早い時間に申込みを行うに越したことはありません。即日狙いなら20時までまでには申込みをした方がいいでしょう。

また、土日であることでキャッシングの審査が遅くなってしまう部分があるので、これについては注意が必要です。

土日は審査が不利にになる場合とは?

土日には営業してしない会社がたくさんあります。もしそのような勤務先の場合、申込みの後の審査で行われる職場への在籍確認が問題になります。

この在籍確認では、実際に職場に電話を掛けてその人が本当に在籍しているのかを確認しますが、会社が休みの場合はこの電話が通じないために在籍確認が終わらず、審査が即日では終了しなくなります。

土日に即日キャッシングしたい場合は職場への在籍確認がネックになる!

 

土日に営業していない勤務先の場合

土日に電話が通じない職場の場合には、申込む際に「今日は電話での在籍確認は難しい」と伝えるか記入しておきましょう。それによって、だいたいの金融では電話以外の在籍確認をしてくれます。

特に大手消費者金融では、代わりになる書類の提出で在籍確認として認めてくれるケースがあるので、土日に即日キャッシングをしたい場合には必ず申込みの際に伝えましょう。

必要になる書類は、

勤務先の名称の入った社会保険証
組合保険証
源泉徴収票
給与明細票など

といった確実にその職場に勤務していないと所持できない書類です。

実際に社会保険証と給与明細票のセットで在籍確認として認められた例もあり、土日に即日キャッシングをする場合にはこれらの書類を用意しておきましょう。

もちろん確実に書類で在籍確認が回避できるとは限らないので、ダメなら別のキャッシング会社に申し込みましょう。

限度額によっては…

ここまで在籍確認の回避方法など説明しましたが、キャッシングの限度額によっては在籍確認できなくても契約が行えます。その金額は10万円で、この程度の少額希望であれば在籍確認なしで即日キャッシングを行えます。

仮に10万円で契約した場合でも、後日きちんと在籍確認ができれば限度額を増額できるので安心してください。

キャッシングの契約書には極度額という表記こそありますが、実際の利用限度額の記載はどこにもなく、キャッシング会社次第で極度額の範囲内で自由に限度額を変えることができます。

その為、もし10万円で契約をした場合でも後日改めて在籍確認を行ってもらい、そこで限度額を再設定してもらうことできます。

とりあえず10万円でも構わない場合には、土日の即日キャッシングでは10万円で契約し、週明けに改めて在籍確認を行って欲しいと伝えてみましょう。

大手消費者金融はこのような融通は利くので、在籍確認の電話を行う日付や時間帯も指定できます。

まとめ

消費者金融各社では土日でも平日同様に即日キャッシングを行えますが、職場への在籍確認の電話がネックになります。

社会保険証や給与明細票などの提出でこれを回避できることもありますが、確実とは言えない為、在籍確認が行われる可能性の少ない10万円の希望で申込みを行うことをおすすめします。

この10万円で契約をした後でも後日在籍確認がとれれば限度額の増額が可能です。