キャッシングで1万円だけ借りる方法 ※ここだけ注意!

1万円だけ借りるのは問題ありませんが…

キャッシングで借りることができる金額は1~500万円といったように、最低が1万円になっていることがほとんどです。よって、1万円だけを借りたい場合でも問題なく利用することができます。

となると、同じ1万円キャッシングするにしても、どれだけお得に借りれるかが問題になってきます。

1万円キャッシングするなら消費者金融?

キャッシングが可能な金融業者としては、大きく分けて銀行と消費者金融がありますが、銀行の場合は1万円からのキャッシングが行える場所が少ないうえ、審査に時間がかかるといった点からもおすすめはできません。

逆にプロミス、アイフル、アコムなどの大手消費者金融であれば、1万円からのキャッシングにも対応しており、審査に時間がかからないといった点からもおすすめです。

その中でも特におすすめなのがプロミスで、1万円からのキャッシングはもちろん、30日間の無利息サービスの取り扱いもあるため、初心者でも安心して利用できます。

なぜプロミスがおすすめなのか?

理由①:無利息スタート日

30日間無利息サービスはアコム、アイフルでも行っているのに、なぜプロミスをおすすめするのかいうと、同じ30日間無利息サービスでも、カウントする開始日が違うからです。

具体的には下記のようになっています。

プロミス:借り入れした日からスタート
アコム:契約した日からスタート
アイフル:契約した日からスタート

つまり、アコムやアイフルは契約日の翌日からの30日間となっているため、初めてキャッシングを行うタイミングに合わせて契約を行わないと無利息サービスをフル活用できないのです。

一方プロミスでは、初めてキャッシングを行った日の翌日から無利息サービスがスタートするため、万が一の時に備えて契約だけしておくという利用の仕方が可能となっています。

理由②:金利

また、大手消費者金融3社の金利を見ると、プロミスが4.5%~17.8%となっているのに対し、アコムは3.0%~18.0%、アイフルは4.5%~18.0%と、上限部分の金利がプロミスより高くなっているのです。

金利というのはキャッシングの金額が多ければ多いほど低くなっていきます。ですから今回のような1万円という少額のキャッシングの場合は、上限金利が適用されます。

つまり1万円キャッシングの場合の金利は

プロミス:17.8%
アコム:18.0%
アイフル:18.0%

となります。

プロミス以外の消費者金融も決して悪いわけではありませんが、1万円キャッシングを行うのであれば、プロミスが最もおすすめできます。

1万円借りる場合の注意点

最初に消費者金融を選んでから、WEB申し込みで希望金額を1万円として審査を受けることになりますが、1万円だけの希望でも限度額としては10万円での契約になることがほとんどです。

と言うのは、限度額制のキャッシングでは、最低の限度額の単位が10万円のことが多い為です。よって、1万円だけを借りたい場合でも、10万円として審査を受けることになります。

その為、総量規制(※)が適用される消費者金融や信販会社のキャッシングを利用する時には、その3倍となる30万円以上の年収が不可欠です。1万円を借りるだけなのに、30万円以上の年収が必要になるのです。

また、キャッシングでは限度額がその会社からの借り入れ金額として信用情報に記録されます。このように実際には限度額が10万円のうちの1万円しか借りていなくても、審査の際などに利用される信用情報上ではその会社から10万円を借りているとして記録されます。

10万円程度であればそれほど気にする必要はありませんが、これが30万円、50万円となってくると、実際にはそこまで借りていなくてもそれだけの借り入れがあると判断されてしまうので、限度額は高ければいいという訳でも無いということを覚えておいてください。

1万円だけが必要であれば、最低の10万円の限度額での契約をおすすめします。

※総量規制とは

消費者金融会社などの貸金業者の業務について定めた法律が貸金業法です。闇金融など悪質な違法業者を取り締まることを目的として規制が強化されました。

この貸金業法の中で、過剰貸し付けを抑制するために、総量規制が決められています。

総量規制とは、年収の三分の一を超えて融資をしてはいけないというものです。1社50万円、または他社と合わせて100万円を超える貸し付けを行う場合は、源泉徴収票などの提出を受けることを義務付けています。

総量規制の対象となるのは個人向け貸付けです。ただし、個人が事業用と資金として借りる場合は、総量規制の対象になりません。

総量規制には「除外」や「例外」になる貸付があります。「除外」は住宅ローンや車のローンなどは、貸付の残高としてあっても、総量規制の貸付残高には含まれません。

「例外」はすでに年収の三分の一の貸付残高があるが、緊急に医療費として30万の借入をしたいという申し出があった時は、その部分の返済能力があると判断できた場合は貸付できるというものです。

「例外」にはほかに、「段階的な返済のための借り換え」や「配偶者貸付け」「個人事業主の事業資金貸付け」「預金金融機関の融資が実行されるまでのつなぎ資金の貸付け」などがあります。