キャッシングで10万円借りるなら利息はどこがお得?

10万円はキャッシングの最低融資金額

消費者金融の多くで、この10万円は最低融資金額です。最低でもこの金額以上での契約になるので、例え1万円だけを借りたい場合でも10万円の限度額で契約をして、その枠の中から必要な分を借りることになります。

総量規制によって、借りたい金額の3倍以上の年収が必要になるため、消費者金融を利用するには最低でも30万円の年収が必要です。30万円以上の年収がないと、最低の限度額での契約も行うことができません。

消費者金融で10万円借りるには年収30万円あればいい(笑)

 

比較的返済しやすい金額なので…

10万円であれば、返済にそれほど期間はかからないでしょう。1年間の12回払いにしてしまうと年利18%では約1万円の利息が掛かってしまいますが、3ヶ月で返済ができれば掛かる利息は約3千円だけです。

1年間12回払いで返済 年利18% 約1万円の利息
3ヶ月で返済 年利18% 約3千円の利息

10万円は比較的早く返済が可能な金額なだけに、短期間の金利が低い消費者金融の利用がお得になります。つまり、無利息サービスをフル活用してお得なキャッシングをすることが大切です。

この無利息サービスを利用すれば実質的な金利を下げることができます。3ヶ月で返済する場合、最初の30日が無利息になれば、掛かる利息は2ヶ月分だけです。このことから、30日間の無利息サービスがあり、且つ少しでも基本金利が低い消費者金融の利用がおすすめです。

プロミスが一番向いています!

プロミスは新規の契約者に対して30日間の無利息サービスを提供しており、更に金利も大手消費者金融の中で一番低くなっています。

キャッシングの金利はある程度の金額での契約にならない限り、原則的に最高金利が適用されますが、プロミスでは最高金利が年利17.8%と他社の18%より0.2%低いのです。

無利息サービスで最初の1ヶ月分の利息がなくなると、10万円を3ヶ月で返済する場合、合計で約1,500円の利息で済みます。なんと無利息期間がない場合と比べて約半分の利息だけで済んでしまいます。

この理由は、1回目の返済で元金の1/3が減っているので、利息が発生する期間になってから掛かる利息は残った分に対してに掛かることになるからです。

つまり利息的には1回目の返済が終わった後の、元金の約67,000円を2回払いで返済するのと同じなので、この程度の利息になるのです。

3回、5回、10回での返済の利息

プロミスを利用するとして、10万円を3回で返済すると上記のように約1,500円の利息が掛かります。そして、5回での返済の場合は約3,000円になり、10回では7,000円弱です。

10万円を3回で返済 利息は約1,500円
10万円を5回で返済 利息は約3,000円
10万円を10回で返済 利息は7,000円弱

いずれも30日間の無利息サービスで利用した場合で、返済回数によってこれだけの利息の差が出てきます。このように3回払いであれば利息は約1,500円で済むので、10万円の少額借入でも早く返済を行うにこしたことはありません。

まとめ

10万円をキャッシングするならプロミスがおすすめ。他社と比較して僅かでも金利が低く、30日間の無利息サービスをフルに活用することで更に支払う利息を抑えることができます。また、返済回数によって合計して掛かる利息は大きく変わります。同じ10万円でも3回払いと10回払いでは実質的に約5,500円もの利息の差があることを覚えておきましょう。